産地で選ぶ!カニ通販ランキング

急速に広まった蟹通販。

蟹通販で蟹を購入する最大のメリットとしてよく言われるのは、各地の漁場で水揚げされた新鮮な蟹を自宅に取り寄せることができる点に尽きるでしょう。

その点、何人もの人の手を渡って店頭に並ぶ蟹の場合、産地直送のアドバンテージと比較すると完全に新鮮なままとはいきません。おみせの方が良くないというのは意外な結論かも知れませんが、新鮮さをもとめるなら通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが最適の手段なのです。グルメの王道といえば蟹。主人も大の蟹好きでして、通販で蟹を取り寄せても、私やコドモがほとんど食べない内に、一人で全部片付けてしまうのです。

でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで蟹を味わうことができたらもっといいですよね。

そこで、我が家で定番になっているのがポーションタイプの蟹です。
活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにもその通り鍋に入れるだけなので楽チンです。

これなら、コドモのために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に楽しめます。大人もコドモもハッピーですね。高級とされるブランド蟹にもいくつもの種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)があって味が違うので、蟹通販の初心者の方は、特定の蟹にこだわらず、さまざま食べ比べてみましょう。

特に美味と言われ、人気のある蟹といえば、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。ズワイ蟹は強い甘み、それに繊細な風味を備えており、蟹味噌も濃厚でオイシイです。

最も蟹らしい蟹といえるでしょう。また、小ぶりな見た目で、甲羅の表面がつるつるしている点が印象的であり、慣れればすぐに見分けられます。
蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは年中いつでも獲っていいものではなく、それは何と無くというと、解禁日と言うものがあるからです。皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、蟹をすさまじくよいのは解禁日以降のみとするという取り決めになっているのです。

旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、解禁日の情報に目を光らせておくことこそが肝要と言えるでしょう。

美味しい蟹が食べたいですね! 蟹通販なら、ネットで直接、さまざまなタイプの蟹を取り寄せられます。まさに通販さまさまですね。

しかし落とし穴もあります。
今や、蟹通販の業者は多数におよび、その全てが信用できる商売をしているとは限りませんから、慎重に選ばないと、美味しい蟹が味わえないということにもなりかねません。

何より大切な「新鮮さ」を外さないためには、キーワードは「産地直送」。産地直送の業者を選んで利用しましょう。

選んだ業者の質によって、蟹通販の全てが決まるといっても過言ではないのです。

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のおなかが上になるようにしてください。

「ふんどし」と呼ばれる、おなかの三角形の部分を引き剥がします。割と簡単に剥がれます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、おなかのセンターに切れ込みを入れます。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておく。

以上が蟹の捌き方の基本になります。
注文したおぼえのない蟹が勝手に自宅に届くのが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、多くの人はその場でお金を払ってしまうと聴きます。真っ当な商取引ではないのですが、ベラボウな金額を請求されている訳でもなく、何より実際に蟹はあるのだから、まあいいかと諦めてしまうケースがまま見られます。みんなも、いきなり蟹が届いたりしたら、うかつに支払いに応じないようにしたいものですね。「お得に蟹を食べたい」、そう思う人は多いでしょう。

それには、ツアー企画で、日帰りで蟹食べ放題が楽しめると言うものが存在しています。ぜひこちらの利用を勧めます。どういう理由でそう言えるかというと、この方法を使って蟹を食べた場合、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりも確かにお得に蟹を楽しむことが出来るからです。さらに、この種の企画は蟹が名物の場所で開催されることが多いので値段や量に加えて、質の良さも堪能できるでしょう。中華料理、いろんなメニューがありますよね。
そんな中、高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国全域で漁獲される淡水蟹の中でも、特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいます。
四季に関係なく流とおしているので、常に口にすることができますが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、極上の味として貴重な一品です。いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節です。蟹の魅力を味わい尽くすべく、長期の休みを使って北海道へ飛ぶのが、ここ数年の習慣になっているのです。北海道は蟹のメッカ。中でもオキニイリのおみせは、私のしり合いの人がオーナーでもある、道南・函館市の蟹料理専門店です。

ここは本当にお奨めです。

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を、店主が腕によりをかけて作っています。

今年も既に予約を入れており、今から心待ちにしています。

蟹の魅力を十分に引き出すためには、調理の仕方もおろそかにはできません。ご家庭で蟹を食べる場合、調理法は茹で蟹が基本でしょう。
そこで、正しい蟹の茹で方の知識があるか否かがまず大切なことです。
さて、そのコツとは、第一に、すさまじく大きめの鍋を使うということです。

蟹全部を水に浸すようにすれば、美味しい茹で蟹が簡単にできます。

蟹のブランドにもさまざまありますが、私のお奨めは有名なズワイガニです。
蟹らしい旨味が詰まっており、繊細な風味も特筆ものです。
ひとたび味わえば、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。一口にズワイガニといっても、産地ごとにいろんな呼び名がありますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。
タグがしっかりしていれば、味や品質はお墨付きということです。

蟹通販で注文した蟹が自宅に届いたら、タグが付いているかどうか、まずはチェックしてくださいね。タラバガニ 選び方 通販