ラジオショッピングの現状

ラジオショッピング開始当初は、民放ラジオ局とそのグループ企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)により放送するラジオショッピングが主流でしたが、近年はラジオ業界の広告収入減に伴って、いわゆるスポンサー通販が増えてきていますね。

そもそもラジオショッピングは、民放のラジオ局あるいはその関連企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)がおこなうものと外部の通販会社などが、自社製品販売のためのスポンサー通販に分けられます。

ラジオショッピングは、ラジオ放送を媒体として放送されるショッピング番組のことで、販売を目的としたものです。

日本国内においては、民放ラジオ局のプログラム中に流されることや、ショッピングプログラムとして別の番組として放送されます。

このようなラジオショッピングについては、文化放送の関連会社により1973年(昭和43年)の放送が始まりです。

日本国内の民間のラジオ局の大部分が、ネットワーク組織に属していてラジオネットワークが構成されていますね。

午前ラジオは、ジャパン・ラジオ・ネットワークと全国ラジオネットワーク、FMラジオは全国FM放送協議会とジャパン・エフエム・リーグ、メガネットです。
更に、NHK-FM放送と放送大学を除く全民放放送が参加している全国FM連合があります。

ですが、JFLとMegaNet、全国FM連合は他の放送網と比べ、放送網としての関係は密な関係ではありません。一部番組を販売することや、情報の交換、不定期での共同でのキャンペーン実施だけとなります。

通信販売は、無店舗販売で小売りをおこなうことです。

実際の店舗ではなく、メディアを利用して商品を媒体にアクセスした消費者に販売することです。

近年のネット端末の普及で通信販売の意味は、ネットのホームページによるものをさすことが多いです。昨今での通販業者は、無店舗業者だけでなく多種多様です。

あなたは「ラジオ広告」に、どんなイメージを抱きますか?ラジオを聞いたことがある人なら、ラジオでも通販の広告があるのはご存知ですよね。

民放なら午前やFMを問わず、番組中に何度かテレビみたいにコマーシャルが入りますよね。

またラジオ広告にはもう一つ、番組として商品を紹介するパターンもあります。パーソナリティを始め番組出演者が、「最近流行っているのは○○」「薄毛が気になる人には◎◎が御勧め」などのように、その商品を紹介していますね。

時には広告主の企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)のその商品担当者も出演したりと、商品の魅力を引き出していきます。ラジオショッピングは昭和から放送されている通信販売のやり方です。一般的に商品紹介は、ラジオパーソナリティです。比較的短い時間に商品が紹介されます。

パーソナリティなどの紹介者の言葉や話し方などにより商品にいいイメージをもたせることもできます。

なのでラジオショッピングでは、商品を確認して買いたい人には不向きです。ですが、注文した人の中には、好きなパーソナリティが紹介していたので注文し立という人もいますね。

ほとんどエアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)を使わないのですが、やはり気温が37度を超える日ともなると、つけざるを得ません。しかし、エアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)を使うとどうしても電気代が気になります。

ラジオで聴いたのですが、最新のエアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)は省エネでないといけないようで、日中5時間つけっぱなしで電気代は約10円ほどのようです。

10年前のエアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)から最新のエアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)に買い替えしたくてたまりません。現在ではネットの通販やテレビ通販で、いろいろな商品を購入する人が増えていますね。
その他にも意外と人気なのが「ラジオ通販」なんです。ラジオはめったに聴かないという人が増えているかも知れませんが、通販で買い物するのが好きな人なら、ラジオショッピングも御勧めです。ラジオショッピングでは、商品についてはきくだけなので、とても想像しやすく紹介の商品が目に見えるように感じられます。ダイレクトに魅力が伝わるんですね。

シゴトや家事の合間などの時間に、サクッと注文できるので、時間の無駄もありません。12月も中半を過ぎると、おせち料理の予約をしなければなりません。
ラジオのショッピングCMでもおせち料理の予約をせかされますね。

(笑)わが家では毎年ラジオ通販のおせちを注文します。良く知れ立ところのおせちは、中身はあまり変わらないような気がします。

もしかすると、予約特典などをつけて他との違いを出沿うとしていますね。ラジオショッピングの特徴として、ラジオ局自身またはグループ企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)によって番組でおこなうラジオショッピングは、紹介する商品にはその局ならではの特徴があるが、商品ジャンルは多岐にわたります。

事例として、PCやデジカメ、エアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)、空気清浄機など大小の電化製品から、ジュエリー、高級時計、衣料品や食品、仏壇からお手洗いのリフォーム請負までもあったりします。ラジオショッピングの多くは、今ではスポンサー通販が占めていますね。

スポンサー通販でも、家電専門的傾向のある場合と、美容・健康関連品・生活雑貨などが主体の場合とがあります。
ラジオショッピングをおこなう通販会社のメリットは、テレビショッピングと比較すると、聴取者も「直接は見ていないから思っていたものと違うことはある」と納得しているためなのか、商品が届いた時に、「思っていたものと違う」などといったトラブルは少なくテレビショッピングより返品も大幅に少ないようです。

ラジオショッピング運営企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)も、テレビでの通販より比較的少ない予算でもできるメリットがあることから大企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)から中小企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)までスポンサー通販にさん有していますね。

ラジオショッピングでは媒体の特長上、TV通販の映像やカタログなどの印刷物と異なり、商品の実物が分かりにくいです。

そこで、販売元あるいは商品のメーカーの信頼性や顧客対応の評判がラジオショッピングを選ぶポイントです。ラジオを聴いているのは誰でしょうか?サラリーマンにとってはなじみがないのではないでしょうか。

男女でいうとラジオを聴いているのは半々ずつになります。年齢が上がるにつれて、ラジオをきく人が多くなります。また、都会の人より地方在住のリスナーが多いのも特徴です。

ラジオをきくのが習慣になっている方の割合では、「地方」に分類される東北や九州の都道府県が並んでいますね。

都市在住の若年・中年の世代からは想像できないかも知れませんが、生活の中にラジオが溶け込んでいる層が一定数今でも存在していますね。年末年始の期間をハワイで過ごす人もいると思いますね。昔より海外旅行はリーズナブルになっ立とはいえ、やはり年末年始は高いですよね。

最近はハワイにしても、グアムにしても、日本語と簡単な英語だけでもなんとかなります。でも、もっと詳しい事なんかは、伝えにくいものです。

そんな不安を解消するのが、ラジオショッピングで紹介していた携帯翻わけ機なんです!快適生活 ラジオショッピング ベイfm